読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今努力していることが正しいのかわからない人に贈る5つ言葉

こんにちは、ともです。


あなたは、日々何か努力しながら生活していますか?


「努力しているのに報われている気がしない。」「時間の無駄かもしれない」
そんな風に思えてしまっている人にぜひ見てもらいたい言葉たちがいます!


最近私がはまっているPiterestというアプリの中から5つ本当にいいなと思ったものをご紹介します。

NO.1


これを見たとき私は、「信じていいんだな~」と素直に思いました。
何かをするときには目標を決めろとかよく書いてありますけど、私はなんとなく決まっていたらいいんじゃないかなと思います。


そら、目標が明確なほうが、自分のモチベ―ションにもなるし、継続しやすいと思います。
でも、なんでもかんでも目標が明確な人ばかりじゃないと思うんです。方角さえ決まっていればいい。近づいてきたらゴールを設定したらいいんです。


だって、例えば知識や教養を身につけたほうがいいっていうのありますよね?
みんなそらそうだっていうはずです。
でも、じゃあ何に使うために身につけるの?って聞かれたら答えられないんじゃないですかね。
仕事で有利とかいっても、どの仕事にどういう使い方をするのかという具体的なところまではわからないですよね。


でも、それを身につけようと努力するかしないかでは大きく違ってきますよね。やったほうがいいに決まってる。
だから信じてやってみるていうスタンス、大事なんじゃないでしょうか。

NO.2


最近は情報が指一本でなんでも手に入る時代。どうしても、これをやったほうがいい!とか、やらないとまずい!といって不安を駆り立てるような情報も入ってきます。
でも、今あなたがやっていることがその中に入ってないからってすぐやめてしまうのはもったいないと思います!


だって、あなたが今やっていることって、少なからずあなたの中でやりたい!とか、やろう!って思ったからやってるんですよね?
それは、今まで生きてきた中でいろんなものを見てきたことを踏まえてそう思ったんだから、そうそう間違ったことはしてないでしょ。


私の場合、大学入ってからなんとなく大学生しているのが嫌だなと思ったので、ひたすら「やったことがいいこと」とか検索しまくってました(笑)
それで自分でいいなと思ったこと、別にやらなくてもいいんじゃないかなと思ったことを自分の中で判断する練習をして今に至ります。
だから、あの「大学生のうちにやっておいたほうがいい!」みたいな記事を見といてよかったなって思います。
なので、誰か一人でもそう思ってくれるような記事を書きます...

ちょっとアニメっぽいセリフですが、めっちゃ的を射てると思います。

NO.3


最初はドキッとする一節ですが、最後に救いが書かれているということですね(笑)

私はこれを見てこんなことを考えました。

f:id:donguri-glasses:20170217154127p:plain


つまり、恵まれて見える人は努力している人だけれども、努力している人が全員恵まれているわけではない、ということ。
まあ、ワンピースのT竜人みたいに「生まれただけでえらいんだえぇぇ!」とかいう人ももしかしたら知らないだけでいるのかもしれませんが...


こんだけ努力してるのに!と躍起にならないでねってことが言いたいです。
努力している人が全員うまくいくなんてことはありません。ただ、努力しないと決してあなたの望む方向にもいきません。
じゃあ、努力しますか?するでしょう。

NO.4


Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ氏の言葉です。
なんだか、ザッカーバーグとかいうだけで、「うわ、意識高っ」と敬遠される風潮があるらしいのですが、これは本人の自由(敬遠するほうもされるほうも)なので私はどっちでもありません。いいなと思うときもありますし、ちょっとなと思うこともあります。その人次第ですね。(こんな折にも、私のことをそう思っている人もいるとは思いますが)


これ以上「やる」ということに対してシンプルに背中を押す言葉はないと思います。
とりあえず手を付けてみる。努力してみる。ただそれだけ。


めっちゃ当たり前のこと言いますけど、努力の後に成果ってでますからね。
成果に目がくらんで肝心の努力がおろそかになってしまったら元も子もないですからね。


私なんかは変なところがまじめで、けっこう完璧主義者です。
でも最近、やることが多すぎて、完璧だと消化できないことに気付き始めています。
そこで、7割できたら次に行く、というのを心がけています。
完璧を目指さなくなったら結構楽ですよ。

NO.5


最後は少し違った角度からの一言。


みなさん、「今やっていることが実は何の得にもなりませんでした。失敗でした。」ってなることって怖くないですか?


私はめちゃくちゃ怖いですね。だって、何時間もかけてやっていることが無駄になってしまうんですから。
でもね、この言葉によるとそれは失敗じゃないらしいです。
失敗は何もしなかったことであると。


これ個人的にめちゃくちゃ共感してます。
朝起きて、朝の10時でした、ってなることが一番嫌いなんです。
なんか、無駄にしたなーって。できることあったのになーって。


何かしている、努力している間は失敗はしないということです。うれしいですね。これで心置きなくできますね(笑)

さいごに

こういう言葉って曖昧である分、自分の経験とか境遇に柔軟にあてはめやすいんですよね。


まあ、考え方は10人いれば10通りありますから、自分の考えで努力を続けてください。
何を努力したらいいのかわからない!という人は、自分でひたすら情報収集してください!
(私みたいにやったほうがいいことって検索するのもあり)
そのうち、自分の中で判断する基準のようなものができてきますから。


まあ、ことあるごとにこのような士気を挙げてくれそうな言葉を見るのもいいかもですね!

広告を非表示にする